Outlook系で表示される一般的なエラー

0x800CCC18
メール設定の[セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする]を無効にしてください。
メールソフトのアカウント設定が破損している可能性もあります。

Outlook Express*
1. [ツール] メニューをクリックし、[アカウント] をクリックします。
2. [メール] タブをクリックします。次に、設定を確認するメールアカウントをクリックし、[プロパティ] をクリックします。
3. [サーバー] タブをクリックし、[セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする] チェック ボックスをクリックして、チェックを外します。
4. [詳細設定]タブをクリックし、[このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要]チェック ボックスをクリックして、 チェックを外します。
5. OKをクリックします。

Outlook200*
1. [ツール] メニューをクリックし、[電子メール アカウント] をクリックします。
2. [電子メール] の [既存の電子メールアカウントの表示と変更] をクリックします。次に、[次へ] をクリックします。
3. 設定を変更する電子メール アカウントをクリックし、[変更] をクリックします。
4. [メール サーバーがセキュリティ保護されたパスワード認証 (SPA) に対応している場合には、チェック ボックスをオンにしてください] チェック ボックスにチェックが入っている場合は、クリックしてチェックを外します。次に、[次へ] をクリックします。
5. [完了] をクリックします。

これらの設定を見直しても改善が無い場合、メールソフトに作成してあるアカウント設定が壊れている可能性があります。
メールソフトからアカウント設定を削除し、再作成してみてください。

0x800CCC90 または 0x800CCC92
アカウント名およびパスワードが間違っている可能性があります。

OutlookExpress*
1. [ツール] メニューをクリックし、[アカウント] をクリックします。
2. [メール] タブをクリックします。次に、設定を確認するメールアカウントをクリックし、[プロパティ] をクリックします。
3. [サーバー] タブをクリックし、[受信メールサーバー]の[アカウント名]と[パスワード]を入力しなおします。
4. OKをクリックします。

Outlook200*
1. [ツール] メニューをクリックし、[電子メール アカウント] をクリックします。
2. [電子メール] の [既存の電子メールアカウントの表示と変更] をクリックします。
次に、[次へ] をクリックします。
3. 設定を変更する電子メール アカウントをクリックし、[変更] をクリックします。
4. [メール サーバーへのログオン情報] の [アカウント名] および [パスワード] を入力しなおします。

Outlook2003をご利用の場合、メールソフト内に複数のアカウント設定が作成されている場合にもこのエラーが表示されることがあります。不要なアカウント設定は削除してください。

これらの設定を見直しても改善が無い場合、メールソフトに作成してあるアカウント設定が壊れている可能性があります。メールソフトからアカウント設定を削除し、再作成してみてください。

0x800CCC0E
エラー内容にSMTPとあれば送信ポートの設定を、POPと表示があれば受信ポートの設定をお使いのメールソフト設定で見直してください。
>> メールソフトに関する設定のヒントについてはこちら

半角と全角、ドット(.)カンマ(,)の違い、不要なスペースなどが考えられます。
メールアドレスは@以降の入力も必要です。

これらの設定を見直しても改善が無い場合、メールソフトに作成してあるアカウント設定が壊れている可能性があります。
メールソフトからアカウント設定を削除し、再作成してみてください。

0x800CCC0D
送信メールサーバー名またはポート番号の設定に問題がある可能性があります。

お使いのメールソフト設定で見直すか、メール設定を作成し直してください。
>> メールソフトに関する設定のヒントについてはこちら

半角と全角、ドット(.)カンマ(,)の違い、不要なスペースなどが考えられます。 メールアドレスは@以降の入力も必要です。

これらの設定を見直しても改善が無い場合、メールソフトに作成してあるアカウント設定が壊れている可能性があります。 メールソフトからアカウント設定を削除し、再作成してみてください。

0x800CCC0F
メールを送信する前に、一度、メッセージの受信を行うことにより、ご使用のメール アカウントのユーザー認証を行います。受信してから送信を行うことによって、この問題を回避できる場合があります。

1. [ツール] メニューをクリックし、[送受信] をポイントします。次に、[すべて受信] をクリックします。 なお、ここで受信するメールが 0 通でも問題ありません。
2. [ツール] メニューをクリックし、[送受信] をポイントします。次に、[すべて送信] をクリックします。

これらを試しても改善が無い場合、以下の方法をお試しください。

3. お使いのメールソフトの設定で、サーバーのタイムアウトを長めに設定してください。
4. 送信トレイが破損している可能性があります。アプリケーションを終了してからファイル検索で送信トレイを検索、みつかった送信トレイをゴミ箱へ移動してからアプリケーションを再起動して送信トレイを作りなおします。
5. メールアカウントが破損している可能性があります。メールアカウントを作り直しましょう。

受信の途中で通信が途切れたり、不正に中断した場合、しばらく待ってからもう一度受信を行ってください。 またメールアカウントに正確なユーザ名とパスワードを設定しているにも関わらず、メールソフトからユーザ名とパスワードの問い合わせが表示される場合も上記現象となっている場合があります。

0x800CCC79
送信したい相手のアドレスが間違っている場合、または送信設定に問題がある場合に発生します。
半角と全角、ドット(.)カンマ(,)の違い、不要なスペースなどが考えられます。メールアドレスは@以降の入力も必要です。

送信設定の確認
1. 送信ポートの番号を確認します。 >> メールソフトに関する設定のヒントについてはこちら
2. アカウントの設定から[このサーバーは認証が必要] にチェックを入れ、[OK] をクリックします。

0x800CCC7
メールソフトに設定しているアカウントが壊れている可能性があります。 メールアカウント設定を削除し、再作成してみてください。

今すぐメールアドレスを取得 AOLメール・ヘルプ&ヒント